最前線!Web会議お役立ちガイド

top > web会議について > テレビ会議よりもweb会議が優れている主な理由

テレビ会議よりもweb会議が優れている主な理由

 会議には、色々なやり方があります。
自社オフィスにある会議ルームに集まって、打ち合わせしている企業も多いです。
その他にも、テレビ会議という方法があります。
テレビ会議は、たいてい専用線で接続する事になります。
テレビが専用の回線につながっていて、テレビの前に着席した状態で打ち合わせする事になる訳です。
ところでテレビ会議は、web会議とは異なります。
後者のwebの場合は、専用線は使用しません。
インターネット環境があって、webの会議に参加できるシステムがあれば、どこでも打ち合わせできます。
そもそもテレビ会議と違って、webの会議はデバイスも異なります。
スマホやパソコンなど、多彩なデバイスで会議に参加できるからです。
その2つは比較される事も多いですが、総じてwebの会議の方が評価は高いです。

 確かにテレビ会議には、臨場感に関するメリットがあります。
一旦専用線が配置された状態になれば、臨場感のある会議を演出できるようになるからです。
しかしその専用線自体が、テレビ会議のデメリットであるという声も多いです。
専用線を設置するためには、自社オフィスに対する工事が必要です。
専門業者に依頼をして、工事を行ってもらう事になりますが、その際には費用はかかります。
テレビ会議の状況によっては、かなり高めな費用がかかってしまうケースもあります。
それに対してwebの会議は、そこまで多くの費用はかからない事が多いです。
webの会議も、無料になるとは限りません。
自社に導入するシステムによっては、有料になるケースはあります。
それでもテレビ会議よりは初期費用を低く抑えられるので、導入している企業も多いです。

 それとテレビ会議には、拡張性に関するデメリットがあります。
例えば何らかの事情があって、テレビ会議を大規模にしたいとします。
その場合は、新たな機器などを購入する必要があります。
そもそもテレビにしても、常に技術が移り変わっています。
最新技術を採用したテレビを使いたいなら、新たな製品を買わなければなりません。
ハードウェアによっては、かなり費用が高くついてしまうケースもあります。
しかしwebの会議の場合は、基本的にはハードウェアの追加は不要です。
ライセンスを新たに追加する必要はあっても、わざわざ高額な機器を買う必要はありません。
比較的簡単に拡張できる訳です。
テレビ会議と比べると、拡張の費用も低く抑えられる傾向があります。
ですから多くの企業では、テレビ会議というよりweb会議を採用している傾向があります。

次の記事へ

MENU