最前線!Web会議お役立ちガイド

top > web会議について > 働き方改革で生産性確保と労働時間削減の同時実現に役割の高まるweb会議

働き方改革で生産性確保と労働時間削減の同時実現に役割の高まるweb会議

 ここ数年、マスコミ上で産業界に深く根差した従業員の長時間労働による過労死問題がしばしば議論されています。
この議論では経営側の生産性確保の仕方と働く者の労働時間の削減方法が同時進行的に検討されているわけです。
そこで、究極的な働き方改革を可能にするweb会議が注目されているわけです。
web会議は遠隔地域に業務拠点を持つ組織がインターネット環境になっていれば簡単に実現できます。
業務拠点数が多くても実現のしやすさに殆ど違いのないことがインターネット環境の長所でもあるわけです。
従来通り会議や研修等を行う場合であればどこか一堂に関係者を集めるのに経費や時間が必要になってしまいます。
一方で、web会議であればこうした経費と時間が不要となり、業務の効率化が図られ、それが経営効率化につながるはずだと見られています。

 web会議は遠く離れた関係者同士の表情も読み取れるので電話やメール等の連絡、相談等とは比べ物にならないくらい、コミュニケーションを図りやすくできます。
必要であればスマートフォンやタブレット端末を接続することもできるので、web会議中に別の関係者に連絡や相談することも簡単です。
このようにしてweb会議を開催して企業の経営判断が早くできるようになれば競合他社に先駆けて行動に移すことも可能になるわけです。
事業のグローバル競争が激しくなっている昨今、情報の共有化と迅速な経営判断は企業が勝ち抜いていくための必要不可欠な条件といえます。
このように、大きな組織で離れた地点にいる関係者が情報共有する必要がある場合、web会議開催日時をメール連絡するだけでそれが可能になるわけです。
もちろん、音声や画像もインターネット環境についているので、どこの職場でもこの会議方式を導入する余地が大きいといえます。

 現在、政府を巻き込んで労使間で議論されている働き方改革では労働時間を減らしても生産性を下げないことが命題になっているだけに何れにも利用価値があります。
但し、状況判断や企業行動が早くなると関係者もそれに合わせて行動していく必要があり、ストレス要因になることも考えられます。
従って、働き方改革が進めば関係者は生産性の向上が図られるとともに働く時間が減るはずですから休日、休暇にはゆっくりと休養の取れる生活環境を整える必要があります。
なお、web会議のように各地にいる関係者が指示に従って同じ方向に向かって行動する方法は近年、自然災害や大事故が発生した際に、政府や地方自治体、或いは企業等で有効に使えると見られています。
中枢機能への影響を極力減らして事業の中断することを避けたり、中断しても速やかに復旧できるよう、あらかじめマニュアル化する行動です。

MENU