最前線!Web会議お役立ちガイド

top > web会議について > 医療業界で活用されているweb会議

医療業界で活用されているweb会議

 体の調子が芳しくない時には、病院で治療を受けるケースもあります。
ただ場所によっては、治療を受けるのが少々難しい事があります。
地域によっては、近くに病院が無いからです。
最先端の医療技術による治療を受けたくても、すぐ近くに大病院がないので、困っている方々も多いです。
ちなみに一部のクリニックには、訪問サービスもあります。
患者が通院するのは難しい時には、病院の担当者が訪問してくれるケースもあります。
しかし担当者が訪問するなら、料金も高めになる事が多いです。
出張料金なども支払う事になりますし、患者に対する負担が大きくなってしまいます。
また出張の依頼が多いと、医療機関としては対応しきれない事があります。
ですから地域によっては、治療を受けるのは難しいケースがあります。

 ところで最近の医療業界では、web会議を積極的に導入しています。
その会議のシステムには様々なメリットがあって、例えば打ち合わせです。
病院によっては敷地の面積が非常に広いので、会議をするのに時間がかかってしまうケースがあります。
多くの病院には会議室はありますが、医師や看護師との間で打ち合わせをするにしても、会議室に行くのが大変です。
面積が広ければ、移動時間もかかります。
ところがwebの会議システムなら、わざわざ遠い場所まで移動する必要はありません。
web接続できる環境があれば、病院内のスタッフ同士ですぐに会議を行う事もできます。
そもそも病院は、仕事が大変忙しいです。
会議に多くの時間を取られてしまうのも困りますし、webの会議を積極的に採用している病院も多いです。

 そしてwebの会議には、上述の遠い場所の患者にとってのメリットもあります。
すぐ近くに病院が無い方々にとっては、とても便利です。
最近では、「遠隔医療」という表現を耳にする機会も増えてきました。
遠隔医療は、WEBで診察を受けられるサービスです。
ネット接続できる環境があれば、医師からの診察を受けられる訳です。
そもそも病気の状況によっては、問診程度でも十分な事があります。
問診でしたら、わざわざ病院まで足を運ばなくても、webの会議で十分です。
リハビリなどを受けたい時は、病院に足を運ぶ必要はありますが、そうでなければwebの会議で十分なケースも多いです。
何よりも患者としては、わざわざ遠い病院まで足を運ぶ必要もありません。
ですから最近の医療業界では、web会議の導入が広がりつつあります。

次の記事へ

MENU