最前線!Web会議お役立ちガイド

top > web会議について > 営業活動にweb会議を活用する

営業活動にweb会議を活用する

 外回りの営業マンの方々は、しばしば遠い場所まで足を運んでいます。
わざわざ交通費を支払って、他県まで外回りの訪問をしている営業マンも多いです。
ですが営業マンにとっては、それは少々大変です。
他の県まで行くなら、高い交通費を支払わなければなりません。
また営業マンとしても、遠い場所まで行くのも少々大変です。
見知らぬ土地に行くとなると、迷ってしまうケースがあります。
それと移動時間の問題もあります。
自社オフィスのすぐ近くで営業活動するなら、それほど移動時間は長くかかりません。
しかし自社オフィスから遠く離れた場所に行く場合、どうしても移動時間は長引いてしまいます。
あまり多くの時間を取られてしまうのも困ります。
ですから外回りの営業マンの方々は、しばしば苦労しています。

 ところで企業によっては、web会議というシステムを採用しています。
その会議のシステムは、社内の打ち合わせで活用されるケースは多いです。
遠く離れた支社の従業員と打ち合わせをするために、その会議のシステムが活用される事例は多いです。
ですが、それ以外にも活用方法があります。
上述の営業活動で活用する事も可能です。
例えば取引先のオフィスにweb環境があるなら、かえってweb会議の方が便利です。
そのwebの会議は、ネット接続できる環境があれば、特に場所は問いません。
相手がIDとパスワードを知っていれば、そのwebの会議ですぐに商談を行う事もできます。
という事は、営業マンとしては遠い場所まで足を運ぶ必要はありません。
ネット接続できるなら、場所を問わないからです。
ですから最近では、営業活動の為にwebの会議が活用されるケースも多いです。

 ところで商談の内容によっては、上司の同行が必要なケースもあります。
例えば大きな金額が動く商談です。
部下1人で決定するのが難しい案件の場合は、あえて上司が同行しなければなりません。
大きなお金が動く場合は、社員1人で判断するのは少々難しいからです。
しかし同行するとなると、上司の時間を割く必要があります。
web会議なら、その点も問題ありません。
その会議のシステムは、複数名が同時に話せる機能があります。
例えば部下がそのシステムで取引先と話をするなら、上司もその場に同席できる機能が備わっています。
上司が同席する分には、わざわざ遠く離れたオフィスまで訪問する必要もありません。
上司の大切な時間が割かれてしまうのを、避けられる訳です。
上記のように、web会議には営業活動に関する様々なメリットがあります。
ですから営業を効率化させたい企業は、しばしばwebの会議を導入しています。

次の記事へ

MENU