最前線!Web会議お役立ちガイド

top > web会議について > 弁護士がweb会議の導入を検討している理由

弁護士がweb会議の導入を検討している理由

 何らかの悩みを抱えている方々は、しばしば弁護士に相談をしています。
例えば借金や離婚に関する悩みです。
借金に関する手続きは、法律の知識も必要です。
金融会社とのやり取りもありますし、借金の減額の手続きを進める為に、弁護士に相談している方々も多いです。
現に多くの法律事務所には、無料相談のサービスもあります。
ただ相談する為には、法律事務所に足を運ぶ必要があります。
事務所が自宅の近くにあれば良いですが、遠い場所では少々難しいです。
遠い場所にある事務所なら、移動交通費もかかります。
移動時間もかかってしまいます。
そうかと言って、電話で話をするのは難しいケースもあります。
かなり細かい話をする場合、どうしても電話だけでは相談が難しいので、結局は事務所に訪問せざるを得ません。

 このため最近では、多くの法律事務所がweb会議の導入を積極的に検討しています。
webの会議なら、遠く離れた相談者ともやり取りできるからです。
相談の内容によっては、webの会議で十分に対応できるケースもあります。
例えば借金に関する相談をするなら、法律事務所に対して書類も提出する事にはなります。
借金の数字が分かる書類や、身分証などを事務所に提出する訳です。
しかし書類を提出する分には、webでも十分です。
幸いにもwebの会議システムには、画像をアップロードできる機能があります。
身分証を提出したいなら、まずはデジカメなどで身分証の写真データを作成して、法律事務所に提出する事も可能です。
もちろん身分証以外の書類も、その会議システムで提出できます。
またwebの会議なら、テレビ電話のように弁護士と話をする事もできます。

 ですから多くの法律事務所は、web会議の導入を前向きに検討しています。
それだけではありません。
関係者との打ち合わせをする際に、webの会議が活用されるケースも多いです。
そもそも弁護士は、何も相談者とだけやり取りをしている訳ではありません。
裁判所や他の弁護士やスタッフなど、実に多くの方々と打ち合わせをする機会があります。
しかし打ち合わせをする為に、わざわざ遠い場所まで足を運ぶのも大変です。
ところがweb会議を導入しておけば、わざわざ遠くまで行く必要はありません。
インターネットに接続されていれば、場所を問わずに打ち合わせできます。
離れた場所にいるスタッフとも、すぐに打ち合わせできます。
なお現時点では、まだweb会議を採用している弁護士の人数は少ないです。
しかし上述のような色々なメリットがあるので、今後は多くの弁護士がその会議システムを採用すると見込まれています。

次の記事へ

MENU